So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

ダンボールでサバゲー [ダンボール]

サバイバルゲーム
やったことありますか?

略して「サバゲー」は、
初期コストがとにかくかかる
大人の遊びの一つだと思います

日本ではあまり馴染みがないのかもしれませんが
海外では
「Cardbord Warfare」の動画が沢山撮影されています
※Cardboard warfareは、直訳すると「ボール紙戦闘」となります

ロサンゼルスのアーティストPwnisherさんは
ダンボール製の武器を手に戦う
映画のような動画を作成されています

製作に5ヶ月かかったという
「Cardbord Warfare2」では、
武器だけでなく飛行機もダンボールで作られています

動画には機内の様子も写っているのですが、
360度ダンボールです

本物の飛行機のように振動するはずもないので、
演者自らが揺れを表現している様子は、
スタートレックの機内シーンを彷彿とさせます

飛行機からダイブした後に開くパラシュート、
双眼鏡や無線機、砲台、戦車、爆弾までダンボールで作っています

発砲や爆発効果は後から合成したものですが
よくぞここまでやったなぁと
約25分の動画を見た後は感心するばかりでした

ダンボールでサバイバルゲームは
これからの季節、キャンプ場や海辺での遊びとして
最高に面白いものになるのではないでしょうか


2018-06-20 11:33  nice!(0)  コメント(0) 

まだまだあった、ダンボールガジェット [ダンボール]

先月発売となった「Nintendo Labo」は
日本だけでなく世界中でも話題となっていますね

一番のビッグニュースは
歌手のアリアナ・グランデがNintendo Laboとの
コラボレーションを披露した動画ではないでしょうか

デジタルサウンドとダンボール楽器という組み合わせは
下手をすればチープに見えてしまいます

真剣な顔でゲーム機に向かっていても
滑稽に見えないところなどは
さすがプロですね

その動画の中にも写りこんでいた
Nintendo LaboのPianoですが、
実は、別の企業が手掛ける
ダンボール製のシンセサイザーが
2017年1月に発表されていたのです

その名も「KAMI-OTO」(株式会社ユードー)です

このKAMI-OTOは、
文字入力しかできないキーボードを
MIDIキーボードに変更できる
画期的な商品です

ダンボール工作で鍵盤を作るキットで、
パソコンのキーボードの上に乗せて使用します

株式会社ユードーは、アプリケーション開発事業や
シンセサイザーの開発なども行っている企業です

一般販売は行われていないようですが
東京ゲームショウや海外のイベントでは、
KAMI-OTOを、その場で作って持ち帰ることのできる
ワークショップも行われているようです

ゲーム感覚というよりは、
プロ向けといったイメージがありますが、
ゲームショウに行くことがあったら、
ブースを訪ねてみたいと思います


2018-05-24 11:36  nice!(0)  コメント(0) 

ニンンテンドーラボのトイコンがダンボール製なのはなぜ?  [ダンボール]

ゲーム機と言えば、年々進化し、
ハイテク化していくものと思い込んでいました。

ですから、トイコンをダンボールで自分で作る、
ニンテンドーラボの出現にビックリ!

ダンボールは素敵な素材ですが、
どちらかと言えば、アナログ的じゃないですか?

どうして、トイコンをダンボール製にし、
しかも、プレーヤー自らが
手作りしなければいけないのでしょうか。

そこには、素敵な狙いがあったのです。

まず、ダンボールなら、
組み立てもカンタンですし、
壊れたときも、自分で修理しやすい。

また、色を塗ったり、デコったり、
オリジナルのアイデアを活かして
作り変えることもできます。

「お客さんにハードをつくる魅力を
味わってほしかった」と
開発者は語っています。

トイコンの中を覗くと、
中は空洞があって、
ゴムやヒモが動力になっていたりもします。

こんな仕組みで、
多種多様なゲームができるなんて
不思議ですよね。

こんなにカンタンならば、
自分にもできるかもしれない!

自分で作れば、
トイコンの仕組みがわかり、
どうしてそうなるのかを
理解する事もできちゃいます。

「つくる」、「遊ぶ」、「わかる」
すると、今度は発明につながってゆく。
そんな可能性をも秘めているのですね。

ハサミやのりも一切必要なし。
パーツを抜いて、折って、差し込んで、
ダンボール以外使わないでつくれるトイコンに
ニンテンドースイッチを合体させれば完成。

組み立てに時間は多少かかりますが、
その分ワクワク感と達成感は大きいです!




2018-04-26 20:41  nice!(0)  コメント(0) 

ダンボールでできた遊園地に行ってみたい [ダンボール]

春の行楽シーズンを満喫する時期となりました
今年のゴールデンウィークの予定は
もうお決まりですか?

今年は5月1日と2日を休暇にすると、
最大で9連休となります

ホテルが取れないなら
日帰り弾丸ツアーをやってみても
十分休息時間の確保が取れそうな日数ですね

弾丸ツアーで行くとしたら、
私は、広島県にある国営備北丘陵公園に行ってみたい!

何があるのかといいますと、
「ダンボール遊園地」
が常設、毎日解放されているのです

ただし、対象年齢は3歳から12歳まで

年齢制限に引っ掛かるため、
実際に遊ぶことは難しいのですが
見ごたえは十分あると思います

「海賊要塞」に「ダンボールダンジョン」なんて
名前を聞いただけでワクワクしてきませんか?

目いっぱい遊んだ後は、
家でもダンボールで遊具を作りたい!
と言いだすはず……

遊園地で使用されているダンボールは
強化ダンボールという特殊なものとなるため、
結構なコストがかかってしまいます

とはいえ、なんとか願いは叶えてあげたいと思いますよね

そんな時は、市販のダンボールを積み上げてつくる
ダンボールハウスやダンボール迷路、
囲いを作るだけのボールプールがお勧めです

室内で遊ぶことのできる遊具があると、
雨の日の憂鬱が、少しは軽くなるかもしれませんね


2018-04-16 14:36  nice!(0)  コメント(0) 

ダンボールでカプセルガチャマシーンを作ろう [ダンボール]

カプセルガチャを回したことはありますか?

プラスチックのボールの中に
手のひらに収まる程の大きさの玩具が入っているもので
スーパーや飲食店などの出入り口付近に
設置されていることが多いです

最近では、封入されているおもちゃのクオリティが
ものすごく高くなっていて、
シリーズによってはオークションで
高値がつくものもあったりするようです

「欲しいものが手に入るとは限らない」
というのが、このマシーンのじれったさで
小さい子ほど、沢山回したがるように思います

ほとんどのマシーンは1回200円なのですが、
結構な出費になってしまいますよね

出費というわずらわしさから解放され、
気軽に回せるということを実現するためにも、

「マシーンの仕組みを解析して、
実質ゼロ円で入手できるダンボールで自作する」

という方法を取らないわけにはいきませんよね!

単純な考えではありますが、
商品化されているものが、すでにありました

幸いなことに、YouTubeでは作り方の動画まで公開されています
これを、活用しない手はありませんね!

できあがったマシーンは、多少乱暴に扱われても大丈夫そうですし
沢山落書きをされても、かまわない気楽さがありますよね

使った後は解体して、
自治体のルールに従ってリサイクルしましょう


2018-03-22 13:06  nice!(1)  コメント(0) 

思わず片付けたくなる!ダンボール収納のコツ [ダンボール]

小さい子どもがいるご家庭では、
毎日おもちゃの片付けが大変ですよね

子どもはおもちゃを散らかして遊びますから、
片付けは結構な重労働になります


そこで、子どもが自ら片付けをしてくれるような
工夫をしましょう

子どもが片付けやすいように
ダンボールでお片付けボックスを
作るのがおすすめです


ポイントは、子どもの目線に合わせて
ダンボールをカットすること

子どもがおもちゃを入れやすいように
高さは低めにしてあげましょう


そして、ダンボールの上部はカットして
フタなしのボックスを作ってあげると良いです

フタを開けたり閉めたりするのは、
子どもにとってハードルが高い動作

そのため、ただおもちゃをポイッと
入れるだけで片付けができるように
してあげましょう


子どもが好きなキャラクターのシールを貼って、
子どもが喜ぶお片付けボックスにすると
さらにグッド

お片付けボックスにおもちゃを
入れることができたら、
思いっきり褒めてあげましょう

徐々にお片付けを手伝うようになるはずです


ダンボールは耐久性があるので
おもちゃを入れても簡単に壊れませんし、
何より市販のお片付けボックスを買わなくても
自作できるので、安上がりです

ダンボールのお片付けボックス、
是非試してみてくださいね


2018-02-19 14:43  nice!(1)  コメント(0) 

断熱材に!?驚きのダンボール活用方法 [ダンボール]

年が明けてから、
冷え込む日が増えたように思います

北海道に住んでいる友人に、
毎日寒くて大変だねと
メッセージを送ったところ

暖房器具が充実しているし、
窓は二重で冷気が全く入ってこない

家にいればそこまで大変じゃないという
返信がありました

さすが雪国の北海道
暖房器具はもちろん、
家にも寒さに耐えられるような
工夫がされているのですね

むしろ家の寒さ対策があまりされていない
関東に住む私の家の方が、
北海道で暮らす友人宅より寒いのかもしれません

なんとなく窓から冷気が
入ってきているような気もします


そこで、北海道の家を見習って
二重窓の原理を取り入れてみました

二重窓は、窓と窓の間に空気の層ができることで
寒さをブロックしてくれるんですって

その空気層の役割を、
ダンボールが果たしてくれるのです


ダンボールを窓より少し大きめに切り、
両端に折り目をつけます

窓にダンボールがくっつくようにはめこめば、
冷気を遮断するオリジナル二重窓の完成です

ダンボールはただの紙とは違い、
断面が波のようになっているので、
二重窓の空気層と同じように、冷気を防いでくれます


なんだか部屋が寒いなと感じたときは、
家にあるダンボールでお手軽冷気カットを
してみてはいかがでしょうか


2018-01-15 10:03  nice!(0)  コメント(0) 

ダンボールでおちゃめなプレゼントボックスを作ろう [ダンボール]

今年もこの時期がやってきました

子どもたちが最も楽しみにしている行事であろう、
クリスマスです

今年のプレゼントは何がもらえるんだろうと、
子どもたちは毎日ワクワクしながら過ごしていることでしょう


多くの家庭では、
もうクリスマスプレゼントを準備していると思います

それでは、当日どこにどうやってプレゼントを
置いておくかは決めていますか?

クリスマス用の大きな靴下があれば、
それに入れるのも良いでしょう

しかし、もしプレゼントを入れられる靴下を持っていないというのであれば、
ダンボールを活用してみるのはどうでしょうか?


もちろん、ただプレゼントをダンボールに入れておくだけという、
子どもたちの夢を壊すようなことをしてはいけません

ダンボールに色を付けて模様を書いて、
絵本に出てくるようなプレゼントボックスを作っちゃいましょう

ポップな色で全面を塗って模様を描いて、
可愛いリボンをかければ、すぐに出来上がります

プレゼントボックスは枕元に置いても良いですし、
英国式にクリスマスツリーの下に置いておくのもおしゃれですよね

絵本で見たようなカラフルな箱にプレゼントが入れてあったら、
子どもも喜ぶことでしょう


今年はプレゼントを入れる箱にも一工夫して、
子どもの喜ぶ顔を楽しみに待ってみませんか


2017-12-18 13:01  nice!(0)  コメント(0) 

ダンボールでできる生ゴミ堆肥化 [ダンボール]

毎日料理をすると、燃えるゴミの日までに
かなりの量溜まってしまう、生ゴミ

有料ゴミ袋を圧迫する生ゴミを何かに使うことができれば、
それだけ節約になりますよね

実は…
ダンボールを使って生ゴミを有効活用する方法があるのです

何かといいますと、ダンボールによる生ゴミの堆肥化です

ダンボールの中にホームセンターで購入できる
土壌改良材と生ゴミを入れて、
家庭菜園やガーデニングに使える堆肥を作ることができるのです

生ゴミが微生物によって発酵分解されることで、
堆肥になるのですね

発酵の過程で水分が出ますが、
ダンボールは生ゴミの水分を逃してくれますし、
発酵に必要な空気を通してくれます

堆肥作りに使う容器としては、
最適な素材といえるでしょう

ダンボールが水分を逃がすことで全面に水が付着するため、
容器の下に別のダンボールを敷くと周りが汚れませんよ

自治体の環境関連の部署がリサイクル方法の1つとして、
ダンボールを活用した生ゴミ堆肥化を推奨しています

あなたが住んでいる市のホームページにも
記載されているかもしれませんね

少しでも生ゴミを減らして節約したいのであれば、
ダンボールと土壌改良材を用意して
堆肥作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか


2017-11-22 13:29  nice!(1)  コメント(0) 

引っ越しに使うなら少し工夫したダンボールを! [ダンボール]

ダンボールが1番頼りになるのは、
やはり引っ越しの荷物詰めのときではないでしょうか

意外と強度があるダンボールは、
運ぶときに少しぐらい圧がかかっても
中の荷物が壊れないので、安心できますよね

ただし、ダンボールがいくら頼りになるといっても、
重いものを詰めすぎると底が抜けることがあり、
荷物が壊れてしまう危険性があります

そうならないように、引っ越しに使うダンボールには
一工夫施しておきましょう

用意するものは、ダンボールとガムテープのみです

まず、ダンボールを箱型に組み立てます

そして底面をガムテープで留めるのですが、ここで一工夫

普通はつなぎ目に合わせて中央をガムテープで留め、
側面のつなぎ目もふさいで終了ですが、
引っ越しに使う場合はつなぎ目に対して
垂直になるようにもう1本ガムテープで留めます

底面のガムテープが十字模様になればOKです

この1本をプラスするだけで、強度が格段にアップし、底抜け防止になるのです

かなり重いものを入れるので1本足すだけでは心配という場合は、
底面が*マークになるようにガムテープを増やしてみてください

これでかなり強度が増しますよ

ガムテープさえあれば簡単に頑丈なダンボールができますので、
試してみてくださいね


2017-10-12 11:03  nice!(0)  コメント(0) 

前の10件 | -