So-net無料ブログ作成

直線だけでのダンボール工作 [ダンボール]

ダンボールをリメイクして色々なものを作れる人、
本当に多いですよね

手先が器用でない人でもキレイできる!
というのは、ちょっと誤解を招きやすいです

出来るけれど、ちゃんとやろうと思えば思う程…
時間がかかって消耗してしまう
器用でないからこそ、その先が読めてしまい、手が出せなくなるのです

それでも、子供が小さいうちは「○○の日」「△△記念日」などは
手作りをしてみたい!と柄にもなく憧れるわけです

こういった日に不器用な自分にとってお手軽な手作りプレゼントは、
「写真」を飾れる額縁です

お気に入りの写真の大きさに合わせて、
四角いダンボールひとつ、真ん中が写真サイズに開いているダンボールひとつ
直線にカットすればいいので、楽ちんです

写真を挟んで、フレームは和紙、または和紙風の折り紙で飾って完成!
ダンボールと折り紙とボンドですぐにできます

あまり手数をかけると、不器用が前面に出てしまう
中身を写真以外にすると、これまたセンスが必要になる

額縁風なので、立てるわけではありません
裏面の処理もある程度で大丈夫になります

それなら、写真立てを買えばいいじゃない…

目に見えるものを「作る」ことが重要なんです
ダンボールを利用することが重要なんです

そんな不器用の気持ちをご理解ください



やっと出会えた ダンボールちゃぶ台 [ダンボール]

友人たちが遊びに来たとき
子供がちょっと作業したいとき
落書きしたり汚したりしても気にならない
外でテーブルがあるといいなと感じたとき

既存の折り畳み式のテーブルでは、ちょっと違和感がありました
・重い
・折り畳みがしづらい
・持ち運びにくい
・しまうのに場所をとる

そんな悩みを持ち続けながらも、テーブルがあるとついつい探す日々…
ようやく見つけたんですよ!今まで悩んでいたのが嘘みたいですよ!

「ダンボールちゃぶ台」は、希望を全て叶えてくれます!

ちゃぶ台を知らない世代でも、丸くてかわいらしい形は受け入れられそう
ダンボール製なので、見た目よりはずっと頑丈にできています
いくつものダンボールが組み合わさってできています
裏返すと、しっかり足も収納できるんですよ

ダンボール色ですから、家の中でも屋外でもちゃんとなじんで
しっくりくる優れもの
何よりも軽い!移動させるのもラクラクで安心です

ちょっとテーブルを使いたいときに、そっと寄り添ってくれそうな
ダンボールちゃぶ台はたくさんの人の味方になるでしょう

おまけに、シールを貼ったり、色を付けたりと楽しみも増えます
お子さんがいらっしゃる方、自分でデザインをしたい方
そんな時こそダンボールちゃぶ台がオススメです



連結ダンボールは超優秀! [ダンボール]

それ専用に作られていればいいのですが…
なかなかそうはいかない時もあります

例えば、洗濯機や冷蔵庫などの大型家電を購入した時、
妙に感心してしまうのが「ダンボール」

あんな大きなものが入るダンボールなんてあるんだー、と思いませんか?
しかも、持ち手部分がちゃんとついていて、
運送する人のことも考えられているんです

こういうのは、ちゃんと考えて梱包ダンボールをつくらないといけないものですね

最近では、ネットオークションでの落札、個人事業からの直接購入が
できるようになってとても便利ですよね

ちょっと大きなものや形的に規格外なものを購入すると…
ものすごい芸術的な梱包がされている場合があります

ダンボールをうまいぐあいに連結して、
ちゃんと収まるようになっているんです

おもしろいのは、商品が入りきらないからこそ腕の見せ所!
と言わんばかりの力作の梱包に開封するのがためらわれるぐらい

ほんのちょっと足らない寸法のダンボール
つなげて入るサイズに調整してあります

上部ダンボールが足りない!そんな時は、わざわざ
ダンボールのふたを別に繋げてより強固にしてあります

ここまでくると芸術作品並みじゃありませんか
これを個人でしっかりやっている人がネット商品を支えているんですね



ダンボールサーフィンありがとう [ダンボール]

最近、またまたダンボールを一躍人気にしてくれることがありました!
超大人気バラエティ番組で、
「ダンボールサーフィン」にチャレンジしてくれたのです

水の上に浮いているダンボールに勢いをつけて乗り、
対岸までたどり着く…というチャレンジ

動画サイトなどでは、上手に乗りこなして見事成功している例もあるようです
が…本来はちょっと難しいのかな?

ダンボールはやっぱり紙でできているし…
水の上においておくと、いずれふにゃふにゃに…
体重がかかったらダンボールは持ちこたえられない…

ダンボール好きとしては、嬉しくもありつつ番組をみたのです
でも、心配ばっかりしちゃいました

ダンボールの強度が弱いから何度も沈んじゃう!
わけではありませんよね

長く水に浸してはダンボールの良さがなくなっちゃう!
早く何枚か重ねてあげて!
(実際3枚に増強してやっていました)

乗り方にも問題はないでしょうか?
どうでしょう、サーフィンをやっている方はどう思ったでしょう

そんなことを呟きながら楽しんで視聴しました

ダンボール自身、スゴくがんばった企画だったと思います
もしかしたら…この撮影は日本でやってくれればもっと違った?
なんてついついゲスな考えをもってしまいました
すいません!



土鍋ねこよりダンボール犬 [ダンボール]

猫は狭いところに収まっているのが好きですよね
土鍋に猫がたくさんはまって寝ている写真が話題になりました

ティッシュの箱からダンボール、隙間があれば入りたい
そんな猫ちゃんの姿は癒されます

けれど、自分たちも負けてない!とばかりに
最近では、ダンボールにすっぽりはまっているワンちゃんたち
小型犬から大型犬まで…はまっています

猫ちゃんとちょっと違っているところは、
何だかどのワンちゃんも温泉に浸かっているかのよう
ちょっとボーっとした顔しています

犬は雪の中走り回るから、寒さに強い!なんて思うのは間違い
犬だって立派に寒いんです
暖をとりたいんです

それには、ちょっと狭いダンボールがぴったりかもしれませんね

けれど、猫ちゃんと違ってワンちゃんにダンボールを与えるのは要注意

成犬や老犬ならばほぼ問題はないでしょうが、
まだ子犬だった場合ダンボールをかじり倒します
歯が生えてくる時の噛み癖は半端ないですから!

成犬でも、お留守番が苦手だったり、さみしかったり、
飼い主の気を引きたい時はダンボールでも紙でも何でも食べます

かわいいワンちゃんを見たい…のはわかりますが、
ワンちゃんの年齢や性格をよーく考えてから
ダンボールにいれてみてあげてください。


2017-02-20 14:07  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

大人のダンボール工作知ってます? [ダンボール]

図工の時間って何をするのが好きでした?
「描く派」「こねる派」「工作派」…得意分野はみんな違いましたよね
私は「こねる派」だったような、そんな気がします

好き→得意 当然の流れかもしれません
こねる派の自分は、陶芸が趣味だったりします

そんな子供の頃からの派閥!?で考えると、
「工作派」は大人工作もすごいことになっています

3Dアート、といっても過言ではないのが
ダンボール工作の世界です

ダンボール工作って、子供の夏休みの自由研究なんじゃないの?

そんな考えは間違っています
大人ダンボール工作は、そんな域ではありません

建築物から工芸品、楽器や造形物、家具や彫刻…
緻密に大胆に世界中を彩っています

これらのダンボール作家さんたちは、展示会やワークショップ、
教鞭をとっていたり、と様々な活動をしています

実際の素晴らしい作品を見てみると…「本当に?」と言う言葉しか浮かびません
ダンボールは鮮やかに形を変えています
工作に苦手意識があるお子さんでも、そのスゴさがわかるそうです

あそこまでは無理だけど、ちょっとダンボール工作をしてみようかな…
そんな気持ちにもなれるようですよ
身近なダンボールだからこそ、「工作派」じゃなくても興味をもてるのかもしれませんね


2017-01-23 12:00  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

おもちゃの外箱とダンボール [ダンボール]

クリスマスは子供にとって幸せな瞬間ですよね
サンタさん、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、
たくさんの人がプレゼントをくれるんですから

親はついつい悩んでしまいます
「このおもちゃいつまで使うんだろう…」
おもちゃって使わなくなったらどうしています?

誰かにあげたり、寄付できればいいんですけど
子供は嬉しくても、その親御さんは
「またおもちゃが増えたよ!!」
なんて思わないかとても心配です

最近はおもちゃのリサイクルも増えているので、
リサイクルショップに売ったり
フリマに出店したり
オークションに出したり
すればいいのでしょうけど

ついつい欲が出て、「ちょっとでも高く売りたい!」なんて
それには外箱が絶対必要、しかもキレイな外箱
でも、次々やってくるおもちゃの外箱は全部とっておけません

けれど、とっておけば確実に売り出しやすいのもまた事実

納戸に、大きいダンボールの中へ外箱をためておけるものをつくりました
おもちゃの外箱はやわらかいダンボール生地なので、
けっこう薄く、つめて収納できます

ネットでの売買では、そういう点も考慮して
外箱ごと小さいダンボールに入れて発送してあげると親切なんですって

クリスマスをいいタイミングとして、
外箱をダンボールの中で収納していみませんか?


2016-12-19 10:11  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

冬のキャンプを彩るダンボールかまど [ダンボール]

寒くなってきた今こそが!真のキャンパーが活躍する時です
と、ガタガタ震えながら温かい飲み物をすすっているキャンプ好きが多いのでは?

秋や冬はたき火を囲みながら、温かい汁物を食べて、夏とはまた違った楽しみがある
のですが…とにかく費用はかさみますよね
何か足りなくても何とかなる、夏場と違って
冬場キャンプは、初心者でも最初からかなりそろえていかないといけません

火の準備はもちろんですが、服装も手を抜けません
寝床やシートなども防寒対策はしておかないと命取りに
食べ物や飲み物もいつもより豊富にしておかないと何だか不安に

そんな準備万端なところにツルの一声が…
「外でアツアツピザが食べたいんだよーーー」

もう予算がありません!かまどは手作りしましょう!

と始めたのが「ダンボールかまど」です
簡単で、片付けも楽ちん
生地を仕込んでさえおけば、本格ピザが堪能できます

大きめダンボールの中の四方にアルミを貼りつける
キレイに貼る人もいますし、多少ぐちゃぐちゃでも問題はありません

真ん中より少々上に市販の網を取り付ける
その下部に炭火を置く
ダンボールでふたをしたり、アルミで囲ったり
ピザを焼いていくだけで…本格炭火ピザが!!

お手軽すぎてやめられません、ダンボールかまど


2016-11-24 13:10  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ドラえもんの空気砲とダンボール空気砲 [ダンボール]

ドラえもんのひみつ道具でも有名な空気砲
誰を傷つけるわけでもなく、敵を倒せるとは…さすがは未来!
なんて思ったこともありませんでしたか?

まだまだドラえもんには追いつけませんが、
でんじろう先生の空気砲は科学っておもしろい!
なんて思って、子供たちにも大人気

今では空気砲は身近な科学を体験できるものとして
色々なパターンがあるんです

ベーシックなお手頃サイズのダンボールを使用したもの
巨大な空気砲との対決は、ダンボールの町埼玉県川口市で
TOKIOがやっていましたね
ミニサイズはペットボトルでもつくれるそうですよ

最近では、空気砲キットということでより簡単につくれるように
売り出されています
ダンボール工作界の人気者です

そんなダンボール空気砲の特徴でもある
「キレイな輪っか」をつくるのはなかなか難しい…
できても、すぐに消えてしまう…
そんな悩みもあるようです

やっぱりキレイな輪が漂っているのを見たいものですよね

線香の煙ではなく、ドライアイスにするといいとか
ダンボールの両側を同時に一気に叩くとか
コツがあるようなのですが、こればかりはやってみないと始まりません!

ダンボール空気砲は子供から大人まで熱くさせてくれるみたい
様々なパターンをぜひチャレンジしてみてくださいね


2016-10-27 10:39  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ダンボール遊園地で遊んでみたい! [ダンボール]

「まだ、見てるの?
お母さん、もうそろそろ帰りたいよ~っ」

子どもの頃
母とデパートにでかけたときの想い出は
お小遣いをもらって
屋上の遊園地のようなところで遊んだことです。

もらったお金を使い果たして
母のところへ戻っても
ずっと洋服を見ていてなかなか帰ろうとはしません。

子どもにとっては
洋服の買い物なんて興味ありませんから
「大人って、よく飽きないなぁ」と
あきれていたものです。

今でも、商業施設に行くと
子どもが遊べるような場所がありますね。

ゲームコーナーはおお賑わい。
他にも、小さな子たちも安心して遊べる
キッズコーナーが設置してあります。

そんな遊び場として最近知ったのが
「ダンボール遊園地」です。

はじめは、土日や祝日の時の
ファミリー向けの催し物で目にしました。

でも、イオンなどの商業施設とタイアップした
常設の「ダンボール遊園地」が
全国各地で増えているのですね!

大きなすべり台
自分で綱を引っ張って進むトロッコ
芝すべりのソリなど
すべてがダンボールで作られています。

しかも、地域によって
いろいろなテーマがあるみたい。

和風のお城をイメージにしたダンボール遊園地では
すべり台がお城になっていて
石垣のデコボコを上って滑り降ります。

ダンボールの大仏もいたりして。
他にも、おとぎ話風の所。
大人も一緒に遊べるといいなぁ。