So-net無料ブログ作成
検索選択

大人のダンボール工作知ってます? [ダンボール]

図工の時間って何をするのが好きでした?
「描く派」「こねる派」「工作派」…得意分野はみんな違いましたよね
私は「こねる派」だったような、そんな気がします

好き→得意 当然の流れかもしれません
こねる派の自分は、陶芸が趣味だったりします

そんな子供の頃からの派閥!?で考えると、
「工作派」は大人工作もすごいことになっています

3Dアート、といっても過言ではないのが
ダンボール工作の世界です

ダンボール工作って、子供の夏休みの自由研究なんじゃないの?

そんな考えは間違っています
大人ダンボール工作は、そんな域ではありません

建築物から工芸品、楽器や造形物、家具や彫刻…
緻密に大胆に世界中を彩っています

これらのダンボール作家さんたちは、展示会やワークショップ
教鞭をとっていたり、と様々な活動をしています

実際の素晴らしい作品を見てみると…「本当に?」と言う言葉しか浮かびません
ダンボールは鮮やかに形を変えています
工作に苦手意識があるお子さんでも、そのスゴさがわかるそうです

あそこまでは無理だけど、ちょっとダンボール工作をしてみようかな…
そんな気持ちにもなれるようですよ
身近なダンボールだからこそ、「工作派」じゃなくても興味をもてるのかもしれませんね


2017-01-23 12:00  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

おもちゃの外箱とダンボール [ダンボール]

クリスマス子供にとって幸せな瞬間ですよね
サンタさん、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、
たくさんの人がプレゼントをくれるんですから

親はついつい悩んでしまいます
「このおもちゃいつまで使うんだろう…」
おもちゃって使わなくなったらどうしています?

誰かにあげたり、寄付できればいいんですけど
子供は嬉しくても、その親御さんは
「またおもちゃが増えたよ!!」
なんて思わないかとても心配です

最近はおもちゃのリサイクルも増えているので、
リサイクルショップに売ったり
フリマに出店したり
オークションに出したり
すればいいのでしょうけど

ついつい欲が出て、「ちょっとでも高く売りたい!」なんて
それには外箱が絶対必要、しかもキレイな外箱
でも、次々やってくるおもちゃの外箱は全部とっておけません

けれど、とっておけば確実に売り出しやすいのもまた事実

納戸に、大きいダンボールの中へ外箱をためておけるものをつくりました
おもちゃの外箱はやわらかいダンボール生地なので、
けっこう薄く、つめて収納できます

ネットでの売買では、そういう点も考慮して
外箱ごと小さいダンボールに入れて発送してあげると親切なんですって

クリスマスをいいタイミングとして、
外箱をダンボールの中で収納していみませんか?


2016-12-19 10:11  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

冬のキャンプを彩るダンボールかまど [ダンボール]

寒くなってきた今こそが!真のキャンパーが活躍する時です
と、ガタガタ震えながら温かい飲み物をすすっているキャンプ好きが多いのでは?

秋や冬はたき火を囲みながら、温かい汁物を食べて、夏とはまた違った楽しみがある
のですが…とにかく費用はかさみますよね
何か足りなくても何とかなる、夏場と違って
冬場キャンプは、初心者でも最初からかなりそろえていかないといけません

火の準備はもちろんですが、服装も手を抜けません
寝床やシートなども防寒対策はしておかないと命取りに
食べ物や飲み物もいつもより豊富にしておかないと何だか不安に

そんな準備万端なところにツルの一声が…
「外でアツアツピザが食べたいんだよーーー」

もう予算がありません!かまどは手作りしましょう!

と始めたのが「ダンボールかまど」です
簡単で、片付けも楽ちん
生地を仕込んでさえおけば、本格ピザが堪能できます

大きめダンボールの中の四方にアルミを貼りつける
キレイに貼る人もいますし、多少ぐちゃぐちゃでも問題はありません

真ん中より少々上に市販の網を取り付ける
その下部に炭火を置く
ダンボールでふたをしたり、アルミで囲ったり
ピザを焼いていくだけで…本格炭火ピザが!!

お手軽すぎてやめられません、ダンボールかまど


2016-11-24 13:10  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ドラえもんの空気砲とダンボール空気砲 [ダンボール]

ドラえもんのひみつ道具でも有名な空気砲
誰を傷つけるわけでもなく、敵を倒せるとは…さすがは未来!
なんて思ったこともありませんでしたか?

まだまだドラえもんには追いつけませんが、
でんじろう先生の空気砲は科学っておもしろい!
なんて思って、子供たちにも大人気

今では空気砲は身近な科学を体験できるものとして
色々なパターンがあるんです

ベーシックなお手頃サイズのダンボールを使用したもの
巨大な空気砲との対決は、ダンボールの町埼玉川口市で
TOKIOがやっていましたね
ミニサイズはペットボトルでもつくれるそうですよ

最近では、空気砲キットということでより簡単につくれるように
売り出されています
ダンボール工作界の人気者です

そんなダンボール空気砲の特徴でもある
キレイな輪っか」をつくるのはなかなか難しい…
できても、すぐに消えてしまう…
そんな悩みもあるようです

やっぱりキレイな輪が漂っているのを見たいものですよね

線香の煙ではなく、ドライアイスにするといいとか
ダンボールの両側を同時に一気に叩くとか
コツがあるようなのですが、こればかりはやってみないと始まりません!

ダンボール空気砲は子供から大人まで熱くさせてくれるみたい
様々なパターンをぜひチャレンジしてみてくださいね


2016-10-27 10:39  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ダンボール遊園地で遊んでみたい! [ダンボール]

「まだ、見てるの?
お母さん、もうそろそろ帰りたいよ~っ」

子どもの頃
母とデパートにでかけたときの想い出は
お小遣いをもらって
屋上の遊園地のようなところで遊んだことです。

もらったお金を使い果たして
母のところへ戻っても
ずっと洋服を見ていてなかなか帰ろうとはしません。

子どもにとっては
洋服の買い物なんて興味ありませんから
「大人って、よく飽きないなぁ」と
あきれていたものです。

今でも、商業施設に行くと
子どもが遊べるような場所がありますね。

ゲームコーナーはおお賑わい。
他にも、小さな子たちも安心して遊べる
キッズコーナーが設置してあります。

そんな遊び場として最近知ったのが
ダンボール遊園地」です。

はじめは、土日や祝日の時の
ファミリー向けの催し物で目にしました。

でも、イオンなどの商業施設とタイアップした
常設の「ダンボール遊園地」が
全国各地で増えているのですね!

大きなすべり台
自分で綱を引っ張って進むトロッコ
芝すべりのソリなど
すべてがダンボールで作られています。

しかも、地域によって
いろいろなテーマがあるみたい。

和風のお城をイメージにしたダンボール遊園地では
すべり台がお城になっていて
石垣のデコボコを上って滑り降ります。

ダンボールの大仏もいたりして。
他にも、おとぎ話風の所。
大人も一緒に遊べるといいなぁ。



たたかいやすいダンボールの剣 [ダンボール]

男性とは永遠の戦士なのでしょうか…
ゲームなどでも、格闘系のゲームが好きなのは男性の方が多いですよね
出店などでも、女の子にはきらきらのカチューシャや首飾りが人気でも
男の子には激しい音が出ながら振り回せる剣や銃が人気

そもそもDNAが違うのかもしれませんが、
小さくても男は男!とばかりに男の子だってたたかい好き

バザーに行っても、新聞紙で作られた剣は売り切れ
こういうものはなかなか凝っていて、かなりしっかり作られてます
けれど、新聞紙を丁寧に丸めていくものは、硬いからたたかうと結構イタイ!
切られるのは大人の役目でも、イタくて逆ギレ

そんな救世主は100均にいました
柔らかい素材で剣でたたかいあっても、曲がるだけ
けれど、柔らか素材はしなるから思いっきりくると結構イタイ!
もう切られたくない!

そんな時のダンボール
剣と盾を簡単に作れちゃいます
大きなダンボールに作りたいサイズで剣や盾の形を下書きして、
丁寧に切り取ればOK
面倒くさくなければツバや持ち手も作ってみてください
キラキラテープや折り紙でデコレバいいんです

これでたたかうと…
硬くないし、しならないし、力を入れると折れやすいし!!
イタくないから長時間たたかってあげれます
ダンボールはたたかう大人の味方ですね!


2016-09-12 11:57  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

ガチャガチャをダンボールで再利用 [ダンボール]

子どもから大人まで愛されているガチャガチャ
絶対に選べないのに、かぶった経験はあるのに、それでも楽しんでしまいますよね
あの何とも言えない気分の高揚感…やめられません

けれど、お子さんがいる人は経験したことがあるのではないですか?
スーパーに行ったら
ショッピングモールへ行ったら
寿司を食べに行ったら
映画に行ったら
どんな内容のガチャでもとにかく「やりたい!」…いらないよね?
ついつい回せちゃうお手頃価格なのも災いして、小さいものたちが増えていきます

そして、何よりツライのが、その中身を捨てれない!
ヘタするとカプセルを捨てると怒られることも…

これはもうどうにかしないと!

そこで自宅にあるものでちょっと作ってみませんか?
ガチャガチャの中身とカプセルを収納しながらまた遊んでもらえるボックス

普通の四角いダンボール(サイズは大小ありますが小さめがオススメ
のりや両面テープ、色紙や折り紙、マスキングテープもかわいいです

四角にダンボールを固定(開け閉めはできるように)して、
上に手が入るぐらいの穴を開けます
かわいく、かっこよくデザインしたら…

自宅でガチャくじ引きの完成!
ガチャガチャを回す時の高揚感は何度も味わえます
使わない時はそのままおもちゃ箱として、重ねて収納できますよ



縦長ダンボールでスモークはじめました [ダンボール]

南の方からどんどん梅雨明けしてきましたね
いよいよ夏真っ盛り!
かと言って、無理に何かしなきゃいけないものでもないですよね

インドア派もアウトドア派も夏の思い出はそれぞれ…
図書館に入り浸っていた時期もあれば
ひたすら海の家でアルバイトをしていた時も
その時その時興味のあるものが変わっていくのは当然

さて、今年は何にしましょうか…最近自分の中でブームなのが、
スモーク」!
何をモクモクしたらおいしいのか、観察がてらはまってます!

もちろん、玉子やチーズ・チキンは満足のいく出来ばえ
ベーコンやソーセージは普通においしい
そろそろ野菜!!にチャレンジしたいところ

さすがに自宅ではできないので、今年は結構アウトドア
(近所)の川べりなどでモクモクしています

立派な燻製セットはいらないんです
スモークウッドと網さえ購入しておけば…後は自宅にあるもので大丈夫!

何といっても、スーパーでもらえる
2L×6本ダンボールは縦長で超使えます!
ちょっとスモークするのにぴったり
それより縦長のダンボールを見つけた時は大作にチャレンジします!

意外とダンボールはバリエーションが多いので助かります

今年はBBQでも主役になれそうなぐらい、スモーク達人になれそうです!



BBQをスリムにしてくれるダンボール [ダンボール]

そこが雪山ではない限り…
キャンプとかBBQとか、不慣れでも楽しめるようになってきましたね

それだけ、最近のアウトドアグッズってすごい
タープとかテーブルなんて持っていて当たり前…の世界です

こういうことって回数を重ねてどんどんスリムになっていきます
荷物や食材なんて、最初のうちは不安だからたくさん用意しちゃいます

夏場は特に…食材よりも飲料が多くないですか?
熱中症が心配ですし、水分は多くとらないとダメです

買い出しも手分けしたり、大勢で行くのも楽しいですよね
後でゴミ袋になるから…とレジ袋に食材やら飲料やらを入れますが、

これは結局スリムじゃないことに気づきました!

袋に入れると車に積みづらい
(重ねて置けないんです)
袋に入れると飲料は横倒し
(炭酸飲料、ビールは開けるとき危険です)
そして何より、到着してから運びづらい!!!

駐車場からBBQやテントの場所まで結構ある場合
袋だと取っ手のところが伸びて食い込んで痛い

そこで大活躍なのは…「ペット6本のダンボール」です

長方形で深さもあって、食材も飲料も立てておけるし、車でも倒れない
その後は、ゴミ袋を入れて簡易ゴミ箱にしてもいいし、たき火のお手伝いも…

ダンボールのおかげでBBQがスリムになっています!


2016-06-14 13:29  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ダンボールフロアで音をシャットアウト! [ダンボール]

最近とても怖い世の中になりました…
隣人トラブル?というのでしょうか
集合住宅で上の人がうるさい
隣の家の人の植木がこちらにまたいできている
挨拶がされない

…それで傷害事件や殺人事件になるなんてことがありました

ちょっとお互い注意したり
時期的なものかもしれないから我慢したり
そういう感じではなくなってきてるんでしょうか

ずっと一軒家に住んでいて、ついつい廊下をドスドス歩いちゃう
スポーツ観戦して大きな声で応援してしまう
自宅で身体を鍛えてる
子供ソファーの上からジャンプする
育った鉢植えに虫が寄ってくる

生活していればどれも起こりうることですよね

そういうご時世だからか、子供の声がうるさいから保育園の開園が中止になるんでしょうか

少しでもそういうトラブルはなくしたいものですね

小さいお子さんがいるご家庭では、工夫も必要かもしれません
マンションなどのクッションフロアだけではなかなか防ぎきれない音もありますから
ダンボールフロア」をつくってみませんか?

畳やフローリングにダンボールを広げて敷き詰める
その上に、カーペットやクッションシートを敷く

これだけで完成です!
ふかふかしてお子さんたちは大喜び
転んでも跳ねてもいけます
ぜひともお試しくださいね