So-net無料ブログ作成
ダンボール ブログトップ
前の5件 | -

まだまだあった、ダンボールガジェット [ダンボール]

先月発売となった「Nintendo Labo」は
日本だけでなく世界中でも話題となっていますね

一番のビッグニュースは
歌手のアリアナ・グランデがNintendo Laboとの
コラボレーションを披露した動画ではないでしょうか

デジタルサウンドとダンボール楽器という組み合わせは
下手をすればチープに見えてしまいます

真剣な顔でゲーム機に向かっていても
滑稽に見えないところなどは
さすがプロですね

その動画の中にも写りこんでいた
Nintendo LaboのPianoですが、
実は、別の企業が手掛ける
ダンボール製のシンセサイザーが
2017年1月に発表されていたのです

その名も「KAMI-OTO」(株式会社ユードー)です

このKAMI-OTOは、
文字入力しかできないキーボードを
MIDIキーボードに変更できる
画期的な商品です

ダンボール工作で鍵盤を作るキットで、
パソコンのキーボードの上に乗せて使用します

株式会社ユードーは、アプリケーション開発事業や
シンセサイザーの開発なども行っている企業です

一般販売は行われていないようですが
東京ゲームショウや海外のイベントでは、
KAMI-OTOを、その場で作って持ち帰ることのできる
ワークショップも行われているようです

ゲーム感覚というよりは、
プロ向けといったイメージがありますが、
ゲームショウに行くことがあったら、
ブースを訪ねてみたいと思います


2018-05-24 11:36  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ニンンテンドーラボのトイコンがダンボール製なのはなぜ?  [ダンボール]

ゲーム機と言えば、年々進化し、
ハイテク化していくものと思い込んでいました。

ですから、トイコンをダンボールで自分で作る、
ニンテンドーラボの出現にビックリ!

ダンボールは素敵な素材ですが、
どちらかと言えば、アナログ的じゃないですか?

どうして、トイコンをダンボール製にし、
しかも、プレーヤー自らが
手作りしなければいけないのでしょうか。

そこには、素敵な狙いがあったのです。

まず、ダンボールなら、
組み立てもカンタンですし、
壊れたときも、自分で修理しやすい。

また、色を塗ったり、デコったり、
オリジナルのアイデアを活かして
作り変えることもできます。

「お客さんにハードをつくる魅力を
味わってほしかった」と
開発者は語っています。

トイコンの中を覗くと、
中は空洞があって、
ゴムやヒモが動力になっていたりもします。

こんな仕組みで、
多種多様なゲームができるなんて
不思議ですよね。

こんなにカンタンならば、
自分にもできるかもしれない!

自分で作れば、
トイコンの仕組みがわかり、
どうしてそうなるのかを
理解する事もできちゃいます。

「つくる」、「遊ぶ」、「わかる」
すると、今度は発明につながってゆく。
そんな可能性をも秘めているのですね。

ハサミやのりも一切必要なし。
パーツを抜いて、折って、差し込んで、
ダンボール以外使わないでつくれるトイコンに
ニンテンドースイッチを合体させれば完成。

組み立てに時間は多少かかりますが、
その分ワクワク感と達成感は大きいです!




2018-04-26 20:41  nice!(0)  コメント(0) 

ダンボールでできた遊園地に行ってみたい [ダンボール]

春の行楽シーズンを満喫する時期となりました
今年のゴールデンウィークの予定は
もうお決まりですか?

今年は5月1日と2日を休暇にすると、
最大で9連休となります

ホテルが取れないなら
日帰り弾丸ツアーをやってみても
十分休息時間の確保が取れそうな日数ですね

弾丸ツアーで行くとしたら、
私は、広島県にある国営備北丘陵公園に行ってみたい!

何があるのかといいますと、
「ダンボール遊園地」
が常設、毎日解放されているのです

ただし、対象年齢は3歳から12歳まで

年齢制限に引っ掛かるため、
実際に遊ぶことは難しいのですが
見ごたえは十分あると思います

「海賊要塞」に「ダンボールダンジョン」なんて
名前を聞いただけでワクワクしてきませんか?

目いっぱい遊んだ後は、
家でもダンボールで遊具を作りたい!
と言いだすはず……

遊園地で使用されているダンボールは
強化ダンボールという特殊なものとなるため、
結構なコストがかかってしまいます

とはいえ、なんとか願いは叶えてあげたいと思いますよね

そんな時は、市販のダンボールを積み上げてつくる
ダンボールハウスやダンボール迷路、
囲いを作るだけのボールプールがお勧めです

室内で遊ぶことのできる遊具があると、
雨の日の憂鬱が、少しは軽くなるかもしれませんね


2018-04-16 14:36  nice!(0)  コメント(0) 

ダンボールでカプセルガチャマシーンを作ろう [ダンボール]

カプセルガチャを回したことはありますか?

プラスチックのボールの中に
手のひらに収まる程の大きさの玩具が入っているもので
スーパーや飲食店などの出入り口付近に
設置されていることが多いです

最近では、封入されているおもちゃのクオリティが
ものすごく高くなっていて、
シリーズによってはオークションで
高値がつくものもあったりするようです

「欲しいものが手に入るとは限らない」
というのが、このマシーンのじれったさで
小さい子ほど、沢山回したがるように思います

ほとんどのマシーンは1回200円なのですが、
結構な出費になってしまいますよね

出費というわずらわしさから解放され、
気軽に回せるということを実現するためにも、

「マシーンの仕組みを解析して、
実質ゼロ円で入手できるダンボールで自作する」

という方法を取らないわけにはいきませんよね!

単純な考えではありますが、
商品化されているものが、すでにありました

幸いなことに、YouTubeでは作り方の動画まで公開されています
これを、活用しない手はありませんね!

できあがったマシーンは、多少乱暴に扱われても大丈夫そうですし
沢山落書きをされても、かまわない気楽さがありますよね

使った後は解体して、
自治体のルールに従ってリサイクルしましょう


2018-03-22 13:06  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

思わず片付けたくなる!ダンボール収納のコツ [ダンボール]

小さい子どもがいるご家庭では、
毎日おもちゃの片付けが大変ですよね

子どもはおもちゃを散らかして遊びますから、
片付けは結構な重労働になります


そこで、子どもが自ら片付けをしてくれるような
工夫をしましょう

子どもが片付けやすいように
ダンボールでお片付けボックスを
作るのがおすすめです


ポイントは、子どもの目線に合わせて
ダンボールをカットすること

子どもがおもちゃを入れやすいように
高さは低めにしてあげましょう


そして、ダンボールの上部はカットして
フタなしのボックスを作ってあげると良いです

フタを開けたり閉めたりするのは、
子どもにとってハードルが高い動作

そのため、ただおもちゃをポイッと
入れるだけで片付けができるように
してあげましょう


子どもが好きなキャラクターのシールを貼って、
子どもが喜ぶお片付けボックスにすると
さらにグッド

お片付けボックスにおもちゃを
入れることができたら、
思いっきり褒めてあげましょう

徐々にお片付けを手伝うようになるはずです


ダンボールは耐久性があるので
おもちゃを入れても簡単に壊れませんし、
何より市販のお片付けボックスを買わなくても
自作できるので、安上がりです

ダンボールのお片付けボックス、
是非試してみてくださいね


2018-02-19 14:43  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

前の5件 | - ダンボール ブログトップ