So-net無料ブログ作成

ダンボ―ルで秘密基地! [ダンボール]

子どもの頃って、秘密基地が大好きですよね
公園に行ったら砂場で基地を作ったり、
ジャングルジムのてっぺんに上って秘密基地だと言ってみたり

「自分だけの特別な場所」というのは、子どものころから欲しがるものなんですね

まだ小さくて自分の部屋を持っていないというお子様も、
実は自分だけの秘密基地を欲しがっているかもしれません

そんなときに試して欲しいのが、ダンボールで作る秘密基地です

秘密基地と言っても大層なものを作るのではなくて、
ダンボールを繋げて大きな箱を作ってあげて、
その中におもちゃやお菓子を入れてあげれば、
もう秘密基地の出来上がりです

屋根をつけて部屋とは違う空間を演出してあげれば、
ちょっぴり薄暗くて好奇心をくすぐられる、
「自分だけの場所」に早変わりです

完全に密閉すると換気ができなくて熱がこもってしまうので、
側面を窓のようにくり抜いて、取り外し可能にしてあげればOKです

ダンボールを数枚重ねて丈夫にしておけば、
元気なお子様が暴れても問題ないですし、

秘密基地が壊れてしまってもダンボールは軽いですから、
お子様がけがをすることもありません

丈夫で安全で手軽にできる秘密基地、
お子様にプレゼントしてあげてはいかがでしょうか


2017-07-20 11:01  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

ダンボールとペットボトルでつくったエアコン! [ダンボール]

うだるような暑さ。
もう夏本番と言っても良いぐらい
日本全国各地、気温はどんどん上昇しています。

そんな高気温の中
エアコンのある暮らしは天国です。

でも、日本は世界の中でも
かなり恵まれている国なのでしょうね。

世の中には電気も水道もとおっていない
後進国もいっぱいあります。

そんな過酷な環境と言える国で
とてもリーズナブルな方法のエアコンを
広め、喜ばれている話を知りました。

それが、
ダンボールとペットボトルでつくれるエアコンです。

ダンボールエアコンのつくり方も簡単!

窓やドアの所に設置できるくらいの
大めのダンボールを用意します。

1枚の大きなダンボールに
ペットボトルの飲み口が入る穴を
あけていきます。

次に、空のペットボトルを用意。

ペットボトルの底を切り取り
飲み口の方をダンボールに開けた穴に入れ
固定します。

穴と穴の距離は
ペットボトルをさしていった時に
ペットボトルがきれいに並ぶくらいが
良いかもしれません。

ペットボトルが並んでいる面を家の外側に
飲み口の方を内側にして
空けた窓やドアの位置に設置します。

すると、ペットボトルをすり抜けた空気が
涼しい空気に変わるのです。

どうして冷えるのか?

口を広げて
手に「はぁ~」と息を吹きかけると
息は温かいですよね。

でも、口をすぼめて息を吹きかけると
涼しく感じられる原理と同じだそうです。

ダンボールエアコン
自分でも作ってみたくなりました。