So-net無料ブログ作成

直線だけでのダンボール工作 [ダンボール]

ダンボールをリメイクして色々なものを作れる人、
本当に多いですよね

手先が器用でない人でもキレイできる!
というのは、ちょっと誤解を招きやすいです

出来るけれど、ちゃんとやろうと思えば思う程…
時間がかかって消耗してしまう
器用でないからこそ、その先が読めてしまい、手が出せなくなるのです

それでも、子供が小さいうちは「○○の日」「△△記念日」などは
手作りをしてみたい!と柄にもなく憧れるわけです

こういった日に不器用な自分にとってお手軽な手作りプレゼントは、
「写真」を飾れる額縁です

お気に入りの写真の大きさに合わせて、
四角いダンボールひとつ、真ん中が写真サイズに開いているダンボールひとつ
直線にカットすればいいので、楽ちんです

写真を挟んで、フレームは和紙、または和紙風の折り紙で飾って完成!
ダンボールと折り紙とボンドですぐにできます

あまり手数をかけると、不器用が前面に出てしまう
中身を写真以外にすると、これまたセンスが必要になる

額縁風なので、立てるわけではありません
裏面の処理もある程度で大丈夫になります

それなら、写真立てを買えばいいじゃない…

目に見えるものを「作る」ことが重要なんです
ダンボールを利用することが重要なんです

そんな不器用の気持ちをご理解ください