So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラえもんの空気砲とダンボール空気砲 [ダンボール]

ドラえもんのひみつ道具でも有名な空気砲
誰を傷つけるわけでもなく、敵を倒せるとは…さすがは未来!
なんて思ったこともありませんでしたか?

まだまだドラえもんには追いつけませんが、
でんじろう先生の空気砲は科学っておもしろい!
なんて思って、子供たちにも大人気

今では空気砲は身近な科学を体験できるものとして
色々なパターンがあるんです

ベーシックなお手頃サイズのダンボールを使用したもの
巨大な空気砲との対決は、ダンボールの町埼玉川口市で
TOKIOがやっていましたね
ミニサイズはペットボトルでもつくれるそうですよ

最近では、空気砲キットということでより簡単につくれるように
売り出されています
ダンボール工作界の人気者です

そんなダンボール空気砲の特徴でもある
キレイな輪っか」をつくるのはなかなか難しい…
できても、すぐに消えてしまう…
そんな悩みもあるようです

やっぱりキレイな輪が漂っているのを見たいものですよね

線香の煙ではなく、ドライアイスにするといいとか
ダンボールの両側を同時に一気に叩くとか
コツがあるようなのですが、こればかりはやってみないと始まりません!

ダンボール空気砲は子供から大人まで熱くさせてくれるみたい
様々なパターンをぜひチャレンジしてみてくださいね


2016-10-27 10:39  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ダンボール遊園地で遊んでみたい! [ダンボール]

「まだ、見てるの?
お母さん、もうそろそろ帰りたいよ~っ」

子どもの頃
母とデパートにでかけたときの想い出は
お小遣いをもらって
屋上の遊園地のようなところで遊んだことです。

もらったお金を使い果たして
母のところへ戻っても
ずっと洋服を見ていてなかなか帰ろうとはしません。

子どもにとっては
洋服の買い物なんて興味ありませんから
「大人って、よく飽きないなぁ」と
あきれていたものです。

今でも、商業施設に行くと
子どもが遊べるような場所がありますね。

ゲームコーナーはおお賑わい。
他にも、小さな子たちも安心して遊べる
キッズコーナーが設置してあります。

そんな遊び場として最近知ったのが
ダンボール遊園地」です。

はじめは、土日や祝日の時の
ファミリー向けの催し物で目にしました。

でも、イオンなどの商業施設とタイアップした
常設の「ダンボール遊園地」が
全国各地で増えているのですね!

大きなすべり台
自分で綱を引っ張って進むトロッコ
芝すべりのソリなど
すべてがダンボールで作られています。

しかも、地域によって
いろいろなテーマがあるみたい。

和風のお城をイメージにしたダンボール遊園地では
すべり台がお城になっていて
石垣のデコボコを上って滑り降ります。

ダンボールの大仏もいたりして。
他にも、おとぎ話風の所。
大人も一緒に遊べるといいなぁ。