So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

引っ越しに使うなら少し工夫したダンボールを! [ダンボール]

ダンボールが1番頼りになるのは、
やはり引っ越しの荷物詰めのときではないでしょうか

意外と強度があるダンボールは、
運ぶときに少しぐらい圧がかかっても
中の荷物が壊れないので、安心できますよね

ただし、ダンボールがいくら頼りになるといっても、
重いものを詰めすぎると底が抜けることがあり、
荷物が壊れてしまう危険性があります

そうならないように、引っ越しに使うダンボールには
一工夫施しておきましょう

用意するものは、ダンボールとガムテープのみです

まず、ダンボールを箱型に組み立てます

そして底面をガムテープで留めるのですが、ここで一工夫

普通はつなぎ目に合わせて中央をガムテープで留め、
側面のつなぎ目もふさいで終了ですが、
引っ越しに使う場合はつなぎ目に対して
垂直になるようにもう1本ガムテープで留めます

底面のガムテープが十字模様になればOKです

この1本をプラスするだけで、強度が格段にアップし、底抜け防止になるのです

かなり重いものを入れるので1本足すだけでは心配という場合は、
底面が*マークになるようにガムテープを増やしてみてください

これでかなり強度が増しますよ

ガムテープさえあれば簡単に頑丈なダンボールができますので、
試してみてくださいね


2017-10-12 11:03  nice!(0)  コメント(0) 

学校付近に住んでいる人の、ダンボールおすすめ活用方法 [ダンボール]

通販サイトで買い物をするたびに、
どんどん溜まっていくダンボール

かさばって邪魔だし、早くなんとかしたいですよね

あなたがもし、学校の近くに住んでいるのであれば、
そのダンボールが生徒たちの役に立つかもしれません

学生時代、文化祭の時期になると、
ダンボールが大量に必要になりませんでしたか

お化け屋敷や迷路を作るため、または目を引く飾りを作るため

文化祭ではどのクラスでも大量にダンボールが必要になります

そのため生徒たちは、スーパーやホームセンターなどを巡って大量にダンボールを集めます

そこであなたのダンボールの出番なのです

近隣の学校がダンボールの寄付を集っている場合は、
直接指定された場所に持っていきましょう

それだけで、あなたのダンボールが生徒たちの手によって
教室の壁や迷路に生まれ変わります

また、学校が直接寄付を集っていない場合は、
文化祭開催1ヶ月前くらいにスーパーやコンビニにダンボールを持っていきましょう

そうすることで、生徒たちがダンボールをもらいにきて、
文化祭で使ってくれる可能性が高まります

使わなくなったダンボールを回収場所に持っていくことで、
近隣の学校にいる生徒たちの役に立つことができるのです

溜まったダンボールを、生徒たちの笑顔のために使ってみませんか


2017-09-14 09:51  nice!(0)  コメント(0) 

街中で尾行するなら、ダンボールが最適かも?! [ダンボール]

安い物がたくさんあって
おいしい買い物をエンジョイできる
東京の十条銀座商店街をご存知ですか?

テレビ番組でも
しばしば登場するこの有名な場所で
とある検証が行われたのです。

番組は水曜日のダウンタウン。

「ダンボールの中に隠れて尾行するやつ、
マジでやったらバレない説」を検証!

お笑いコンビ、バイきんぐの小峠さんが
ダンボールをすっぽりかぶって
60分間バレずに尾行できるかどうか
チャレンジしました。

尾行ターゲットは
西村知美さんと、バイきんぐの西村さん。

食レポの撮影と信じ込んでいるふたりを
10メートル以上離れずに
ひたひたと尾行を続けます。

小峠さんが入るくらいですから
大型家電?と思えるぐらいの
大きなダンボールなのですが
意外に気づかないふたり。

西村知美さんが不意に振り向くたびに
「これ、みつかったでしょ」と思うのですが
全然バレないから不思議です。

確かに、商店街の店先に
ダンボールが置いてあっても
そんなに違和感はないですよね。

ただ、同じようなダンボールが
行く先々にあるというのは
ちょっとありえない光景ではあります。

でも、通りがかりの一般の人たちは
急に動き出すダンボールに
ビックリしていました。

でも、声を出さずに、撮影だと
ちゃんとわかってくれるところがスゴイ!

さすが、撮影慣れしていますね。

尾行は最後までバレずに大成功!
街中で尾行するなら、ダンボールが最適かもね。



2017-08-22 12:00  nice!(0)  コメント(0) 

ハロウィンの衣装がダンボールで出来ちゃう! [ダンボール]

ここ数年、ハロウィンの時期になると
仮装した若者が外を歩くというニュースをよく見ます

普段しないような仮装をするのは、
特別感があって楽しいですよね

小さいお子さんがいる親御さんなら、
子どもにかわいい仮装をさせてみたい
と思ったことがあるのではないでしょうか


でも、ハロウィンの衣装のようなパーティグッズって
…意外と高いですよね

特に子どもはすぐ大きくなるので、
その年1回しか着られないのに、
普段着よりも高かったりする衣装を買うのはちょっともったいなく感じます

だからといって布を買ってきて服を自作するのも大変です


そこで、ダンボールを使って仮装グッズを作ってみるのはいかがでしょう

ダンボール、絵具、はさみ、ガムテープなどがあれば、
大体のものは作れます

四角い箱に目や口の形をくり抜いて色を塗ると、
カボチャやオバケに早変わりします

ロボットや戦隊ヒーローの被り物などは、
ダンボールを細かく繋げて形を作り、好きな色を塗ればOKです

女の子のドレスだって、ダンボールにレースや綿をつけて飾ってあげると
簡単にかわいいものを作れます

子どもと一緒に工作しても面白いですよね

今年のハロウィンは、ダンボール衣装に挑戦してみてはいかがでしょうか


2017-08-17 11:15  nice!(0)  コメント(0) 

ダンボ―ルで秘密基地! [ダンボール]

子どもの頃って、秘密基地が大好きですよね
公園に行ったら砂場で基地を作ったり、
ジャングルジムのてっぺんに上って秘密基地だと言ってみたり

「自分だけの特別な場所」というのは、子どものころから欲しがるものなんですね

まだ小さくて自分の部屋を持っていないというお子様も、
実は自分だけの秘密基地を欲しがっているかもしれません

そんなときに試して欲しいのが、ダンボールで作る秘密基地です

秘密基地と言っても大層なものを作るのではなくて、
ダンボールを繋げて大きな箱を作ってあげて、
その中におもちゃやお菓子を入れてあげれば、
もう秘密基地の出来上がりです

屋根をつけて部屋とは違う空間を演出してあげれば、
ちょっぴり薄暗くて好奇心をくすぐられる、
「自分だけの場所」に早変わりです

完全に密閉すると換気ができなくて熱がこもってしまうので、
側面を窓のようにくり抜いて、取り外し可能にしてあげればOKです

ダンボールを数枚重ねて丈夫にしておけば、
元気なお子様が暴れても問題ないですし、

秘密基地が壊れてしまってもダンボールは軽いですから、
お子様がけがをすることもありません

丈夫で安全で手軽にできる秘密基地、
お子様にプレゼントしてあげてはいかがでしょうか



ダンボールとペットボトルでつくったエアコン! [ダンボール]

うだるような暑さ。
もう夏本番と言っても良いぐらい
日本全国各地、気温はどんどん上昇しています。

そんな高気温の中
エアコンのある暮らしは天国です。

でも、日本は世界の中でも
かなり恵まれている国なのでしょうね。

世の中には電気も水道もとおっていない
後進国もいっぱいあります。

そんな過酷な環境と言える国で
とてもリーズナブルな方法のエアコンを
広め、喜ばれている話を知りました。

それが、
ダンボールとペットボトルでつくれるエアコンです。

ダンボールエアコンのつくり方も簡単!

窓やドアの所に設置できるくらいの
大めのダンボールを用意します。

1枚の大きなダンボールに
ペットボトルの飲み口が入る穴を
あけていきます。

次に、空のペットボトルを用意。

ペットボトルの底を切り取り
飲み口の方をダンボールに開けた穴に入れ
固定します。

穴と穴の距離は
ペットボトルをさしていった時に
ペットボトルがきれいに並ぶくらいが
良いかもしれません。

ペットボトルが並んでいる面を家の外側に
飲み口の方を内側にして
空けた窓やドアの位置に設置します。

すると、ペットボトルをすり抜けた空気が
涼しい空気に変わるのです。

どうして冷えるのか?

口を広げて
手に「はぁ~」と息を吹きかけると
息は温かいですよね。

でも、口をすぼめて息を吹きかけると
涼しく感じられる原理と同じだそうです。

ダンボールエアコン
自分でも作ってみたくなりました。




直線だけでのダンボール工作 [ダンボール]

ダンボールをリメイクして色々なものを作れる人、
本当に多いですよね

手先が器用でない人でもキレイできる!
というのは、ちょっと誤解を招きやすいです

出来るけれど、ちゃんとやろうと思えば思う程…
時間がかかって消耗してしまう
器用でないからこそ、その先が読めてしまい、手が出せなくなるのです

それでも、子供が小さいうちは「○○の日」「△△記念日」などは
手作りをしてみたい!と柄にもなく憧れるわけです

こういった日に不器用な自分にとってお手軽な手作りプレゼントは、
「写真」を飾れる額縁です

お気に入りの写真の大きさに合わせて、
四角いダンボールひとつ、真ん中が写真サイズに開いているダンボールひとつ
直線にカットすればいいので、楽ちんです

写真を挟んで、フレームは和紙、または和紙風の折り紙で飾って完成!
ダンボールと折り紙とボンドですぐにできます

あまり手数をかけると、不器用が前面に出てしまう
中身を写真以外にすると、これまたセンスが必要になる

額縁風なので、立てるわけではありません
裏面の処理もある程度で大丈夫になります

それなら、写真立てを買えばいいじゃない…

目に見えるものを「作る」ことが重要なんです
ダンボールを利用することが重要なんです

そんな不器用の気持ちをご理解ください



やっと出会えた ダンボールちゃぶ台 [ダンボール]

友人たちが遊びに来たとき
子供がちょっと作業したいとき
落書きしたり汚したりしても気にならない
外でテーブルがあるといいなと感じたとき

既存の折り畳み式のテーブルでは、ちょっと違和感がありました
・重い
・折り畳みがしづらい
・持ち運びにくい
・しまうのに場所をとる

そんな悩みを持ち続けながらも、テーブルがあるとついつい探す日々…
ようやく見つけたんですよ!今まで悩んでいたのが嘘みたいですよ!

「ダンボールちゃぶ台」は、希望を全て叶えてくれます!

ちゃぶ台を知らない世代でも、丸くてかわいらしい形は受け入れられそう
ダンボール製なので、見た目よりはずっと頑丈にできています
いくつものダンボールが組み合わさってできています
裏返すと、しっかり足も収納できるんですよ

ダンボール色ですから、家の中でも屋外でもちゃんとなじんで
しっくりくる優れもの
何よりも軽い!移動させるのもラクラクで安心です

ちょっとテーブルを使いたいときに、そっと寄り添ってくれそうな
ダンボールちゃぶ台はたくさんの人の味方になるでしょう

おまけに、シールを貼ったり、色を付けたりと楽しみも増えます
お子さんがいらっしゃる方、自分でデザインをしたい方
そんな時こそダンボールちゃぶ台がオススメです



連結ダンボールは超優秀! [ダンボール]

それ専用に作られていればいいのですが…
なかなかそうはいかない時もあります

例えば、洗濯機や冷蔵庫などの大型家電を購入した時、
妙に感心してしまうのが「ダンボール」

あんな大きなものが入るダンボールなんてあるんだー、と思いませんか?
しかも、持ち手部分がちゃんとついていて、
運送する人のことも考えられているんです

こういうのは、ちゃんと考えて梱包ダンボールをつくらないといけないものですね

最近では、ネットオークションでの落札、個人事業からの直接購入が
できるようになってとても便利ですよね

ちょっと大きなものや形的に規格外なものを購入すると…
ものすごい芸術的な梱包がされている場合があります

ダンボールをうまいぐあいに連結して、
ちゃんと収まるようになっているんです

おもしろいのは、商品が入りきらないからこそ腕の見せ所!
と言わんばかりの力作の梱包に開封するのがためらわれるぐらい

ほんのちょっと足らない寸法のダンボール
つなげて入るサイズに調整してあります

上部ダンボールが足りない!そんな時は、わざわざ
ダンボールのふたを別に繋げてより強固にしてあります

ここまでくると芸術作品並みじゃありませんか
これを個人でしっかりやっている人がネット商品を支えているんですね



ダンボールサーフィンありがとう [ダンボール]

最近、またまたダンボールを一躍人気にしてくれることがありました!
超大人気バラエティ番組で、
「ダンボールサーフィン」にチャレンジしてくれたのです

水の上に浮いているダンボールに勢いをつけて乗り、
対岸までたどり着く…というチャレンジ

動画サイトなどでは、上手に乗りこなして見事成功している例もあるようです
が…本来はちょっと難しいのかな?

ダンボールはやっぱり紙でできているし…
水の上においておくと、いずれふにゃふにゃに…
体重がかかったらダンボールは持ちこたえられない…

ダンボール好きとしては、嬉しくもありつつ番組をみたのです
でも、心配ばっかりしちゃいました

ダンボールの強度が弱いから何度も沈んじゃう!
わけではありませんよね

長く水に浸してはダンボールの良さがなくなっちゃう!
早く何枚か重ねてあげて!
(実際3枚に増強してやっていました)

乗り方にも問題はないでしょうか?
どうでしょう、サーフィンをやっている方はどう思ったでしょう

そんなことを呟きながら楽しんで視聴しました

ダンボール自身、スゴくがんばった企画だったと思います
もしかしたら…この撮影は日本でやってくれればもっと違った?
なんてついついゲスな考えをもってしまいました
すいません!



前の10件 | -